誰かの言葉がナイフに変わる

人生は谷あり山あり、地獄あり。

闇を抱えて生きる人生は辛い

 

「結婚願望ないの?」

「彼氏欲しくないの?」

 

そんな言葉を言われ続けて「いや〜別に〜でも年齢考えると焦るよね〜」とかヘラヘラ笑いながら返事をしてきたけど、私の中でぐるぐる回り続けるこの言葉たちは一生重い言葉として付いて回ってくるのだろうな、と。

 

 

私はシリアスな空気が嫌いだ。誰かが怒ってるのも苦手だし、イライラした雰囲気も苦手。真面目な話も苦手なので、いつもいつもヘラヘラ笑って会話をしてしまうし、相手の言葉に「確かにそうですよね〜」としか言わない。あまり自分の意見を言わない。私の意見なんて相手にはどうでもいいだろうし、私が発言することによって相手が不愉快な気持ちになったらということを考えると何も言えなくなる。

 

だからこそ、自分の抱えてる闇をさらけ出しにくい。他人から見ればすごくどうでもいい悩みなのはわかっているのだけれど、自分の中でうまく消化できずにずっと呪いのようにまとわりついている言葉・思考・行動・コンプレックス。そんなネガティヴ要素をあまり人に言わないようにしている。ギャグとしてネガティブキャラを出したりはするんだけど。

 

私が彼氏を作れないのは自分に持つコンプレックスが多すぎることだと思うし、結婚が出来ないのは私の性格と家庭環境、家族のことがあるからだと思う。子供も作れない。それもちょっとした家庭事情のせいである。

 

1番嫌なのはそうやって色んなもののせいだと言い訳をしてすべての扉を閉じてしまうことなのだけれど。これはすべて私が悪い。「どうせ◯◯なのだから」「私は×××だし…」と他のものに責任転嫁をして自分の殻に閉じこもってしまう、それが1番ダメ。

 

クズだなあと思う。たぶん人が思ってるより私は私のことが嫌いでダメ人間だと思っている。自殺願望はないけど、どうせ死ぬなら早く死にたいと思ってる。

 

 

そして他人を妬み自分を蔑む。他人の持ってるものすべてに羨ましいと思って、自分には何もないと思ってしまう。実際に何もないのだけれど。

顔が綺麗な人に、お金を持っている人に、恋人がいる人に、知識豊富な人に、仕事ができる人に、友達が多い人に、会話が上手な人に、向上心がある人に、オシャレな人に、夢がある人に、安定した仕事を持つ人に、実家暮らしの人に、家族と仲良い人に、結婚式をあげれる人に、自分の言いたいことを言える人に、遊びたい時に遊ぼうと言える人に、人の目を見て話せる人に、

私には何もなくて嫌になる。だから彼氏もいないし友達も少ない。そしてこんなネガティブになる。それを隠そうとしてヘラヘラした人になる。他人を羨んで憎んで嫉妬して自分を諦める。そんなことを繰り返していくうちにこんな人間になってしまった。

 

 

今日もまた辛いし明日もまた辛い。生きるのは辛い。

 

何が結局言いたかったって、昨日会った友達が私とは全く違う性格で自分の悪いところばっか見えてしまって卑屈になってしまったという次第。

寝ればなおるよ。

 

 

 

go!go!vanillasのニューアルバム「FOOLs」を聞いて

 

7月26日発売のgo!go!vanillasが出したアルバム

「FOOLs」

 

f:id:qya98:20170729103150j:image

 

もちろん買ったのですけど、初期の頃からファンでいた俺に取っては新しい気持ちになるような、複雑な気持ちになるような、アルバムとなってしまいました。

カメレオンライツの時よりもまたより新しいバニラズになっている気がします。

 

そんなそこそこ初期ファンの私がFOOLsの感想をつらつらと書いていこうと思います。個人の感想なので不愉快な気持ちになることもあるとは思いますが許してください。

 

ではまず曲ごとの解説から〜

 

1.We are go!

色んな音を詰め込んだおもちゃ箱みたいな。1分半くらいの短い曲でイントロダクションとして入ってますね。ハーモニカが強いかな。色んな音を混ぜこんでいるのでちょっと微妙な音もあるけど、まあこれはこれで、、、トロピカリアに若干似てるかな。こういう音楽好きなのかもねバニラズ。

 

2.サクラサク

音は強いけど、歌詞は昭和っぽい。ような気がする。バニラズの歌詞、昭和っぽいものが多いのよね。これはたぶんマキタツヤの影響ですが。ギターがちょっとうるさい。シンタロウのギター。もう少し控えめなら好きになれそうな気がするんだけどな。愛しい人に書く手紙をテーマにしたらしいこの曲ですが、歌い出しは確かにそうっぽいなぁと。でも何回も思うけどやっぱり音が強くて、歌詞は良いのにもうちょっとおとなしい音でも良かったんじゃないかなあと思う。

 

3.FUZZ LOVE

愛を歌う歌が多いな。この曲はサビがなぁ…ハモリがちょっとウザいかな。シンタロウの。シンタロウは高音のハモリやってるんだけど、もう少し控えめでも良いんじゃないかなと、、、マキタツヤの低音を押していけばいいのに〜と思う、のに。トランペット入ってんのかこれ。こういうトランペットとかの別の音入れたりしてきたよな。ちなみにFUZZは「歪み、荒い」という意味があるらしいです。荒い愛、なんかここは良いな。

 

4.ヒンキーディンキーパーティークルー

発売された当初はなんだこの曲?パリピの曲か?と思ってたけど、最近ではまだマシかなと思うようになった。今ほどまでにギターうるさくないし、爽やかで夏っぽい曲だ。ただパリピの曲というのは否めないが。タイトルがクソダサいのをどうにかしてくれ。あとサビ最後の「グッバイデイズ」を高音で歌うマキタツヤだけど、マキタツヤは低音がいいんだよ高音もいいけど。もっと低音おしてこ!

 

5.ラッキースター

けっこう好きこの曲。ピアノがいいアクセントになっている気がする。究極にポップだけどな。この曲のハモリはちょうどいいし、なんだろうな。ラッキーそうスターって言い方が好き。あと後半の方のギターもそこそこ好き。めっちゃポップだけど。最後の最後の歌が終わった後のギターはけっこう好きで、終わりぎわのところがちょっとだけオリエントみたいじゃありませんか?そう思うのは僕だけか、、、

 

6.平成ペイン

曲はけっこう好きなんだけど、いかんせんタイトルがダサい。タイトルどうにかしろ。歌詞が昭和から平成になるところを歌ってるところがいい。ゆとりとかさとりとか言われてる私たちも大人になって今の子供は何世代なの?未来を向いてる歌詞が本当好きなのだけどな。でもしかしちょっとマキタツヤの高音が多いかなという。

 

7.サウンドエスケープ

こういう曲も作れちゃうところがバニラズの魅力。非常にエモさを感じる曲。これもマキタツヤの高音に頼ってるけどこれは好きだな。でもシンタロウの「ララララ〜」いらなくね?プリティに任せとけって。「音と逃避行」が素晴らしく好きなキーワード。洋楽の香りがすごくする。正直ライブより音源のほうが綺麗に聞こえる曲の一つだと思う。

 

8.バイバイカラー

私はアルバムの中で一番好きな曲だと思う。ダンスミュージックとフォークソングの歌詞を織り交ぜたこの曲。ダンスミュージックがもともと好きなのだけどマキタツヤが歌う昭和の歌詞素晴らしすぎて萌える。2番あたりのギターも良い感じ。ディスコで聞きたい。ディスコ行ったことねえけど。ファンから怒られると思うけど、本当ちょっとだけストレイテナーの香りがしませんか?あ、しませんか?すいませんでした…

 

9.ストレンジャー

相変わらずギターうるせえと思ってたらリードギターはマキタツヤが弾いてるらしい。だからか知らないけど案外嫌いじゃない。サビはものすごく好きなの。本当に好き。頭に残るリズムとメロディだと思う。ただ何がダメって歌ってるのがシンタロウってことだよ。ちょっとエフェクトかけてんのか?マキタツヤの声は私の耳にハマるのにシンタロウの声はハマらないのか…とちょっと悲しくなった。頼むからこの曲をマキタツヤが歌ってほしい。低音で。シンタロウはちょっとクセがある歌い方だし。総じて、ちょっとだけ苦手な曲という。

 

10.グッドドギー

でたよ、マキタツヤの犬好きが。曲の入りがちょっとだけギフトっぽいな。この曲のメロディけっこう好きだぞ。サビがあんま好きじゃねえけど。高音に頼るな!もっと低音で行け!犬の歌歌ってる場合じゃねえぞ!よっぽど嬉しいんだね犬飼えて…

 

11.パペット

ギターうるせえ。イントロのギターうるせえよ。サビのギターもうるせえよ。こういう曲はあんまときめかなくなってしまったな。マジックナンバーのアルバムに入ってそうな曲なんだけどな。でもギターうるさいのとハモってきやがるシンタロウを抜けばそこそこいいのかもしれない。

 

12.ナイトピクニック

夜の歌。この曲はバイバイカラーの次に好きかな。これも洋楽の香りがする。ちょっとハモリうざいけどな。表現が合ってるかわからないけど、メロウな感じがすごくするよな。この曲からおはカルの流れは良い気がする。夜の車で聞きたくなる曲とマキタツヤが言っていたが、その通りだなと思う。

 

13.おはようカルチャー

ホリエアツシの手がけたこの曲は聞けば聞くほどハマるスルメ曲である…最初はチョコノーリパブリック感がすごいな…とか思ってたけど今は全然思わないな。ちょっと異世界に飛んでるような気持ちになれる。力強いのに綺麗で、本当ホリエアツシさまさまという気持ち……

 

 

アルバム通してだと、曲感想の中でも何度も何度も書いたのですが、全体的にハモリがうざい。シンタロウのハモリが。ギターもうざい。いや、シンタロウが悪いって言いたくないんだけど、シンタロウの主張強すぎない?って思いながら聞いてる…今回のストレンジャーといい、この間の12:25といい、これからどんどんシンタロウの曲が増えてったらどうしよう…思う。シンタロウのこと散々disってるけど別に嫌いではないよ。ムカつくだけで嫌いではないよ。ところでこの写真どう思いますか?

f:id:qya98:20170729113751p:image

僕はこういうところがムカつくんです。

 

シンタロウくんのおかげで曲の幅が広がったと思う。歌上手いシンタロウがハモることによって曲に厚みが出たり出なかったり。あと交友関係が広いし人懐っこいので友達の輪が広がるよね。

 

あとマキタツヤの高音が増えた。ボイトレしたのか?歌が上手くなったおかげで高いキーが出るようになったようですよ彼は。低音で歌ってるほうがいいと思うんだけどなあ〜という個人的意見。

 

ロックな曲が減っていろんなジャンルの曲が混ざった気がする。シンタロウが浸透してきてしまうとこのようになってしまうのか。まだカメラオンライツの時は浸透しきってないから良かったのにな。いろんなジャンルの曲をやる、そこが魅力でもあるのにロックなバニラズを欲してもいる。

 

メンバーのことを考えると複雑な気持ちになる。プリティとジェットはまったく変化がない。いつまでたっても革ジャン命だし、いつまでたってもオタク丸出しだし。でもマキタツヤはどんどん垢抜けていくし、シンタロウはどんどん調子乗っていくし。でもマキタツヤとプリティの昔からの仲の良さと、ジェットの奇想天外なキャラと、マキタツヤのアホで天然なところがあるから私はバニラズが好きなのかなあって。

 

離れるなら今だな、とも思う。最近の曲は若者向けの曲も多いし実際にファンも若者、大学生や高校生が多い。蛍光色のTシャツをグッズで出して来た時はヤバい、もう無理、とも思った。フールズパーティでマキタツヤがフロアに降りていくときに人が群がって黄色い声しか聞こえないのを聞いたとき、ああダメだなと思った。でもいい曲作るんだよなぁ。SHAKEの頃のアルバムとはまったく違うけど。あの頃の音をいつまでも思い出してるから前に進めないのかもしれないけど。

 

 

 

来週サイン会に行くし9月からのツアーにも行くしZeppにも行くけど。自分はいつまで追いかけるんだろう、とも思う。武道館行くまではとりあえず追いかけ続けようかな。あと30超えたらもう少し音楽も落ち着くかもしれないし、と信じて。

 

 

 

なんだかんだいったけどニューアルバムFOOLsをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるか、死ぬか。

 

 

最近、人が死ぬ夢をよく見る。

この間は誰か知らないおじいちゃんだったけど、夢の中では「お久しぶりです!」とか言ってたから知り合いだったのかも。

白い雪のようなものを振りまいていたおじいちゃん。小さなジオラマの町にサラサラと白いものが降りかかる。それを幸せそうに見る私とおじいちゃん。

 

「好きなものにしかあげないんだよ」

そう言って白いものを撒き散らす。きっとあの町が好きだったんだね。

そして最後に私にくれた、白い小さな小さな四角い結晶。それをもらった私はおじいちゃんが消えてしまうことに気づいて涙を流しながら幸せな気持ちになったのです。

 

 

正直意味わかんない夢だけど、夢との連動からか、寝てる時に大号泣して目から涙が止まらなかった。何だったんだろうあれ。ストレスか?

 

 

 

昨日見た夢は、小学校の時の同級生がいなくなる夢だった。

私のいた小学校、めちゃ小さいところで同級生で13人しかいなかったんだけど。久しぶりに同級生と会ったら私以外の人数が11人しかいないの。どうしていなくなっちゃったんだろう。あの◯◯ちゃん。どうして。そう思いながら目を覚ました。本当に、現実でも死んじゃったんじゃないか、って不安に苛まれた。

 

 

 

生きるか死ぬか、そんなことを毎日考えてる人は病んでる人だと思われがちだけど、私は別に病んでなくても生きるか死ぬかをよく考える。

 

漠然と死にたいな、と思ったことはあったりなかったり。それも中学生の時とかだから本当に厨二病だ。

でも出来れば早く死にたいとはよく思う。65くらいで。仕事終わったら死ぬ。生きててもやることないし。

結婚は運が良くて出来たとしても、私に子供はできないし作りたいとも思わないのでもう老後の未来がない。誰かの迷惑になるくらいなら早く死にたい、と思うのです。

 

 

石左さんのツイート、見ました?f:id:qya98:20170428002829j:image

 

あ、そうです。我慢してるんです。なのでとりあえず我慢し続けて、死ぬタイミングが来たらアッサリ死にたいんです。地震が起きたら死にたいし、歩いてて車にぶつかって死にたい。謎の誘拐事件にあって早々と死にたい。飛行機事故とかで死にたい。

 自殺願望はまったくないのだけど、生きることに執着もしていないのかもしれないね。

 

 

 

みなさん、生きてますか?

それとも死んでますか?

 

私が言うのもなんだけど、死ぬより生きてる方が楽しいよね。

 

 

 

 

 

本を読まない本好きの僕の話

 

前々から言っているけど、私は本が好きだ。

とはいっても常に読書するような読書家ではない。気が向いた時に読んだりはするけど1ヶ月に1冊も読まない時もある。漫画はよく読むけど。毎月4.5冊は買ってるけど。

 

本屋も好きだ。本屋でアルバイトをして、暇なのと凝り性なのが合わさりバイトを極めた結果バイトリーダーまで上り詰めてしまった過去を持つ私であるが、それもこれも大学生になったら本屋で絶対アルバイトをするぞ…という意気込みからである。実際の本屋バイトは過酷で想像よりだいぶ違っていたけどその話はまた今度。

 

本屋でアルバイトをしていたこともあり、私は本をたくさん買っていた。私のいたバイト先では、本を従業員割引で買える(1割引だが)。新刊も割引されて買えるというのは本好きにとっては嬉しい以外の何物でもないので、私はガンガン買ってました。ひどい時は1万くらい月に買ってたこともある。今考えるとだいぶ頭が悪い。

 

では私はいったい何を買っていたのか?という誰も興味がない部分を語っていこうと思う。

私が買う6割は漫画。コミック。男子女子問わず。(関係ないけど書店では漫画のことをコミック必ず言う。何故かは知らんが)

そもそもコミック担当の先輩と仲が良かったこともあり、オススメされた本を買ってみたりしていたらどんどん家に増えて行ってしまった次第である。残り2割は小説(文庫が多め)1割は雑誌、もう1割はその他という感じだ。

コミックがそうとう好きなのだが、その話も今回はやめておく。話すと止まらなくなるから。また後日書けたら書こう。オススメコミックも紹介していこうと思う。

 

本日書くのは小説、もしくはそれ以外の本のお話。私が買う3割近くを担っている本たちは、いったいどんな基準で私に買われているのか?記録のために書きたいから、書くぞ。

 

 

僕は一気に読みたい派であるので、読む気分になるまではなかなかページを開くことができない。家に1ページも開いてない本が大量にありすぎる。1日で一気に読みきらないと、次の日に持ち越してしまうと読めなくなってしまうことが多いのである。だから読めない。すごく読みたいのに。読めない。悲しい。

 

そして特殊な読み方をする僕。僕の小説の読み方は特殊だ。自分でも思う。

最初の1部くらい(20ページくらい)→オチ・犯人が誰か→真ん中

というオチが知りたい症候群なのである。意味がわからんとよく言われる。私もよくわからん。

そういうわけでオチを読んで満足するので真ん中の部分が中だるみすると途中で読むのをやめちゃう、というわけ。ミステリー好きなのにな。犯人先に知っちゃうんだもんな。全然楽しめるからいいんだけど。言うなれば常に古畑任三郎みたいな感じだよ。

 

 

そんな僕の好きな本の書類はミステリー、恋愛系、微ホラー、やりきれないオチ系という感じ。

作家としては伊坂幸太郎道尾秀介湊かなえ米澤穂信誉田哲也とかはよく新刊も買ったり買わなかったり。あと七月隆文とか〜ぼく明日はよかったよな〜〜ほかは微妙だけど。

去年か一昨年芥川賞とった村田沙耶香とかが私の中ではやりきれないオチ系という。主人公は納得してるかもしれんけどな〜んかモヤモヤする〜というオチ。好きです。

 

 

そして最近読みたい本というか欲しい本はドン!

 f:id:qya98:20170422095722j:imagef:id:qya98:20170422095730j:image

 

とりあえずこの2冊は読みたい。本好きは押さえといたほうがいい本かもしれぬが。

本をつくる〜は置いておいて、善き書店員のほうは、以前に立ち読みで5ページくらい読んだことがあるが、善き本であった。いわゆる書店員あるあるが詰まっている上、書店員として働いている人たちの本音が赤裸々に綴られている。「やっぱり本屋って大変だな〜〜」と思いながら読みたい。ていうか本屋でバイトしたい。

 

小説で読みたいものはキリがないけど、今1番欲しいのは何かな…この間どこかのネットで見たこの本とかかな。

f:id:qya98:20170422100226p:image

タイトルと表紙につられる傾向がある僕。

海外の本はあんま読まねえけどこれは面白そうだ!とマジで読みたい感じ。

 

あとありきたりだけど、本屋大賞受賞した恩田陸の蜂蜜と遠雷も読みたいし、罪の声も読みたいよね。

 

 

積ん読してる本がありすぎるのにまたいい本に巡り合うと買ってしまう本スパイラル…

 

 

 

いい本があったら教えてください。